超神秘世界の話

2000年続いてきたうお座の時代から水瓶座の時代に移り変わり精神性の時代から超科学の時代となってます。

平成も終わり新たな時代が来ることが予想されます。今まではお金のためだけに生きてきた人間が

お金を不自由なく持ったり、あまりお金にとらわれずに生きたりするようになります。

今までの人生経験でやってきたことでまたやってみたいと思うことはあまりありません。

やるならば違う形でさらに発展したものがやってみたいです。

人生の残された時間をどう使うかが一番気になってることです。

お金のためだけに自分の時間を犠牲にするのはもったいないです。

今年は今までにない活動をしてみたいと思います。世の中にまだ存在しないものをいくつかのものを組み合わせて作ってみたいです。

この世の中に存在してるものより、これから生まれてくるもののほうが無限にあると思います。

90年代からこれからは時代の転換点が来ると言われてましたが今まさにその転換点の真っ只中にいる感じがします。

今までの生き方で流されていくのか、次の時代を見据えて行動していくかでは10年後の未来に大きな差が生まれてきます。

ブロックチェーンやVR、遺伝子工学、ロボットによって人間のあり方が変わってきます。

機械はより人間に近づき、人間は機械に近づいていきます。

自分が自分と言えるコアが何なのか自問自答しています。

人間の自我というOSは固定的なものじゃなくて、関連性によって移ろっています。

我思うゆえに我ありという我自体の存在が疑われます。

要するに人間が機械の体を取り入れても人間は人間だということです。

自分が見る世界をどんどん新しく変えていくそんな一年にしたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です